スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムスター・ペレット成分比較

ハムスターのペレットって、たくさんありすぎて迷ってしまう。

よく「成分をよく見て決めましょう」とか玄人さんは言うのですが、
見たところで大抵の人はピンとこないもんです。(笑)

ということで、
一般成分が比較できるように表にしてみました。
並べて比較する事によって、「あ、なるほど」っていう違うがわかります。

(数値・成分は販売店の表示を参考にしたものもありますので、不足・間違いが
あったらすみません)


※クリックで大きくなります。
fc0604hh6.jpg



形状・購入先については、こちらの記事を見て下さい。
オリエンタル酵母・成分比較については、こちらの記事を見て下さい。

作ってて、我ながらフムフム…と思いました。


紹介していないものでも良い製品は他にもあると思いますが、
自分だったら買わないものは比較の対象にもしていません。(笑)
原材料に【着色料:○色○号】とか書いてあるのとか。
それが一番ペットショップで流通しているものだって事が怖いけど…

fc0509hh4.jpg
ちなみに日々餌をやっていて思うことですが、
1匹しか飼ってないような家庭では、消費スピードを考えると難しいのですが、
常に何種類かのペレットを与えていたほうがいいように思います。

餌を切り替える・というかは、常に複数のペレットを与えてみるのです。

ハムにも嗜好や飽きがありますから、
いきなりあまり好ましくない餌に切り替えられると、キツいです。
でも好きだからと言って同じ餌ばかりを与えていても飽きます。

一時的な飽き→嫌い
と判断してしまわないよう、
あまり食べなくなったペレットも量を減らし、与え続けます。
すると、時間が経つとその量が逆転したりするんです。
(あー、好きだったけど飽きたんだな、と思う。)

主食のペレット同士に限っては、選り好みやお残しがあってもOKとするのです。
(ペレットの中でペレットを選んでもらえば、ペレットを食べない状況には陥らない。)
問題はペレットを残して副食に走ってしまうことなので。

あと、原材料がガラッと変わるものも中にはありますので、
そういうもの一本で行くのは、ハムの体調を崩しかねないので、
やはり2種くらいかぶせたほうが良いです。
(ココで紹介したものだと、ヘルシーハンドフルが要注意)


色々試して、一番のお気に入りのペレットを
常に与えるものとして常備しつつ、少しずつ新しいものを
あげてみるのが良いかと思います。


私もまだまだ知識不足なところありますが、参考になれば嬉しいです。


ranktopkimu.jpg
木村家をポチっと応援おねがいします。

スポンサーサイト

ハムスターの餌・まとめ

fc0502hh7.jpg
なんだか色々試しているうちにどんどん増えてしまったので、
うちであげたことのある餌を改めて紹介してみようかと思います。

【ペレット】
fc0502hh1.jpg

      

レビューとかを見ても、好みの個体差があって、
「これが最高!」っていうのがイマイチわからない状態。
うちの木村家は基本的にどれも残さないので…。(笑)

最初よく食べても、「飽き」があるものもあるようです。

大きい分、ニッパイの大粒のやつは残す傾向があるが、
なんやかんやでかじってるので、嫌いではない様子。


これを全部まとめると、
fc0502hh2.jpg
だいたい20g。

体重の10%と考えるとちょっと多いのですが、
好みや貯蔵分を考えて、最悪廃棄していい量をあげてます。

ニッパイ大粒は1粒3~4gあるので、保険として
1,2粒入れておく感じです。


【嗜好品・種子系】

fc0502hh3.jpg
ヒマワリの種・かぼちゃの種・お好み豆ミックス
にぼし・ミルワーム


にぼしは、好きな子もいるのでたまにやります。
他は高カロリーなので、おやつ程度に。
毎日はやりません・・・デブにはほとんどやりません。(笑)


fc0502hh4.jpg
お好み豆・ニュー・オーム・スペシャル・ラブバードTR
ビーポーレン・赤 オカメ・ラブバード 専科


上のとかぶってしまったが(汗)
小粒の種子系は、餌に混ぜて毎日ちょっとずつ入れてます。
嗜好がわかれるので、同じ種だけ残す者もいる。

種子系は、うちのインコにあげるものを併用。
キクスイさんで購入してます。
鳥飼いには定評のあるメーカーです。

ビーポーレンはミツバチの花粉粒です。
健康増進にいいのかはナゾですが、好きなようなんで
時々餌に混ぜて与えている。

写真にはないですが、
おやつ程度に、時々
チーズ・ゆで卵などもあげてます。


【野菜】

fc0502hh5.jpg
野菜は、せいぜい1日この位で良いと思います。
1匹飼いの人は特に、たくさんあげてしまう傾向があるようです。
(ちょっとだけ、って難しいのよね・・・)
試しに計ってみるといいと思います。
5gを目安にすると、「えええぇっ、こんだけ??」って思います。

ちなみによく与える野菜は、
キャベツ・にんじん・かぼちゃ・ガーデンレタス・大根葉・ブロッコリー
あたりです。

野草は、タンポポ・クローバー・アルファルファを家庭菜園したものを
与えたことがあります。



色々あって迷った挙句、思いっきり頭突っ込んでみました、の図。
fc0502hh6.jpg
ブファァ



細かいレポートはまた日々更新していくので、
餌・野菜・おやつのページを参照ください♪




rankin4.jpg
木村家をポチっと応援おねがいします。

ハムスター飼育用のガラス水槽

トライアルで、ひとまず1台、
気になっていたガラス水槽を購入してみました。爬虫類用の網蓋をつけます。

1001hh46.jpg


今回これを買いました。


60センチのガラス水槽って安いのあんですね~
アクロが安い!って思ったんですが、脱走防止のために、少しでも
高さがあったほうが良いと思い、今回テトラを購入しました。


蓋はこちら。


結果、いまのところ脱走なしです。




ちなみに、
今って、

こんなのあんのね~!!!

すごいなー


0427h10.jpg
木村家をポチっと応援おねがいします。

我が家のハムスターの飼育用品をご紹介。

うちで使ってる道具を紹介するサブカテゴリを作りました。
過去の記事のリンク切れなどを管理しきれないので…(汗)
新しい道具の追加があれば更新します。
表示の順番が乱れないように、以後更新してもトップには表示しませんのでご了承下さい。

うちはALLキンクマハムスターなので、ゴールデンハムスターの飼育方法と基本同じです。
ゴルハムの基準で紹介します。


まずは、うちのケージはどんなもんかと言うと…
0605h1.jpg
0605h2.jpg
こんな感じです。(笑)

うちには12匹のキンクマ(両親2匹+子供10匹)がいます。


私は、使っている道具はほぼオンラインショップで買っています。
ペットショップより大抵安く手に入ります。

商品の写真をクリックするとショップページへリンクします。
基本自分で購入したお店のリンクです。

飼育方法や用品などの質問も多いので参考になればうれしいです。


道具別に記事をUPしています。まとめて読む方はコチラから。

0427h10.jpg
にほんブログ村のランキングを見る。

ハムスターの飼育用品【ケージ編】

※レビューは我が家のキンクマ基準で、ひよこのアバウトな感覚です。(笑)


■ハムスター専用ケージ・ミニデュナ・ferplast社製
hamuyouhin3.jpg

 ←私はココで5台購入しました。

【ひよこレビュー】
安いところだと2000円台で売っているが、色指定ができない事が多い。
ホームセンターなどで安売りしていることもあり。
組み立て説明書がついていない。簡単だけど、蓋の金網の取り付けがやや難。
プラスティック部分を割らないように気をつけよう。(ミニデュナ購入時の記事はコチラ



■プラケース
hamuyouhin2.jpg

 ←ココで5台購入しました。

【ひよこレビュー】
最初は安いし、大きいしいいかな~と思っていたんですが、、、

大抵のゴルハムは天井を齧って脱走できるのでオススメできません!!

うち5台くらい買いましたが、ほぼ全滅です。

あとレビュー通り、留めの爪が固いです。
気にせず上からバチーンと押したら、爪割れたのもあります。(汗)
スライド式の扉が開かなくなったりもあります。
サイズが大きくなればなるほどそうなる傾向があります。

ハツカネズミには使えます。
ジャンガリアンには…どうでしょう?試された方教えて下さい!





■アクリル水槽
hamuyouhin1.jpg

 ←ちょっと前まで¥9800だったんだけど高くなった?

 ←蓋はこれがはまると判明。

【ひよこレビュー】
無駄なものがないので視界が良いです。写真撮りにも最適。
この高さだと思いのほか脱走するのでもうワンサイズあげたいところですが値段が高い。
夏は高温多湿に気を付ける必要があります。逆に冬は保温しやすいです。
そこそこ重さがあり、掃除に手間がかかるので、ものぐさや子供には向きません。
なので、おしゃれにハムスターを飼いたい人に!と締めくくりたいところですが、
愛情と手間がないと維持できないかと思います。





■ガラス水槽

 ←これ買いました。

 ←蓋はこれ買いました。

【ひよこレビュー】
最近はガラス水槽安い!!60㎝でも1000円台で買えるんですね。。。
機能としては、上のアクリル水槽と同じような感じですが、
アクリルより重いので掃除(中を水洗いする)のが大変です。
傷はアクリルより付きにくいです。


あと、このあたりも気になってます。↓
 
だいたい2000円台ですが、時期によって安くなったりしてるっぽいので要チェックです。




■衣装ケース
hamuyouhin4.jpg

【ひよこレビュー】
うちは大きい衣装ケースで本格的に飼育をしたことはないので多くは語れませんが、
付属のプラスティックの蓋を使用すると、通気性が悪いので避けます。

深さがある特大のものを使用する場合に限り、メリットがありそうです。
蓋をしなくても脱走できない高さの衣装ケースは良さそうです。

透明度が低いので、横から観察するよりかは、上から観察するのに向いてます。



■爬虫類用ケージ
 
使ったことがないが、今後使ってみたいと思っているもの。

サイズ・通気性・見やすさ・開けやすさ、いろんな面で優れているように思う
1匹だけだったらこのくらいで飼ってみたい!





そんなわけで妄想が膨らむと止まりません。(笑)
最低限はありますが、上はどこまでもいけます。
ハムスター本体は1000円くらいしかしないんですが、(笑)
環境にこだわることが、飼育の楽しさでもあります。
(12匹もいるとこだわりもなにもないですが。笑)


道具別に記事をUPしています。まとめて読む方はコチラから。

0422h13.jpg
にほんブログ村のランキングを見る。

ハムスターの飼育用品【ハウス編】

hamuyouhin10.jpg


これから紹介するのは、ぜんぶ我が家で実際に使っているものです。(笑)


■陶器製ハウス



★サイズ : 9(横)×9(奥行き)×10(高さ)cm
☆価格帯 : ¥299 ~ ¥682 (楽天でアバウト調べ)
☆中でおしっこする個体 : 無
☆巣材の飛び出し : 有


ゴールデンの大人がぴったり入るサイズ。 
ハムスターを初めて飼ったときに買いました。元祖木村ハウス。(笑)
大きいサイズのハウスで寝ている子と比べると
やっぱりちょっと狭いんじゃないかと思ってしまう。 
好んで入る個体も多い。

陶器製で洗えるので、ウッドハウスをメインで使って、
切り替えの際の繋ぎに持っておくと便利です。




★サイズ : W190×D100×H130mm
入り口穴:直径約6cm
☆価格帯 : ¥610 ~ ¥850 (楽天でアバウト調べ)
☆中でおしっこする個体 : まだ無
☆巣材の飛び出し : やや有


天井接着で、底無しタイプです。
詳しいレビューはこちらをどうぞ。  

天井は飛ばないので良いですが、
ハウスごと移動させる個体はいます。(笑)       





★サイズ  … 全体サイズ:底部直径15×高さ7cm
        入口:横幅8×高さ4cm
☆価格帯 : ¥830 
☆中でおしっこする個体 : 有
☆巣材の飛び出し : やや有


ひらべったい感じでけっこう広い。        
ハムスター専用じゃないんですが、案外ちょうどよい。
見た目もなかなか乙です。(笑)
空気穴もある。  



文鳥用木製巣箱 ログブンチョウ 文鳥用木製巣箱 ログブンチョウ

★サイズ  … サイズ:W210×D120×H130mm
☆価格帯 : ¥830
☆中でおしっこする個体:有
☆天井外す個体:有
☆巣材の飛び出し:ほとんど無
☆逆さにして底なしでも使えます。
         
かなり広いです。うちは繁殖用に購入しましたが、その後も1匹でゆったり使ってます。





★サイズ  … W120×D120×H135mm
☆価格帯 : ¥710 ~ ¥1100 (楽天でアバウト調べ)
☆中でおしっこする個体:有
☆天井外す個体:有
☆巣材の飛び出し:ほとんど無

大きいのも試しましたが、
底面積、この位がちょうどいいかな、と思いました。  
サイドの窓は開いていなかった…        




★サイズ  … W140×D150×H170mm
☆価格帯 : ¥920 ~ ¥2100 (楽天でアバウト調べ)
☆中でおしっこする個体:有
☆天井外す個体:有
☆巣材の飛び出し:無


入口が少し高めですが、ゴールデンハムスターであれば
問題なく登れます。(子供も入ってました)
深さができる感じになるのでゆったり寝れます。
大きめの子におすすめ。(うちはきむこママ使用)       
         




★サイズ  … W135×D135×H125(mm)
☆価格帯 : ¥950
☆中でおしっこする個体:有
☆天井外す個体:有 (留めが壊された)
☆巣材の飛び出し:無
☆逆さにして底なしでも使えます。

        
四角いので裏返して使うこともでき、便利です。
ワラジーマットはすぐ全部バラバラになります。(笑)
大きめの子におすすめ。
         





★サイズ  … W165×D115×H115(mm)
☆価格帯 : ¥1200
☆中でおしっこする個体:まだ無
☆天井外す個体:有 (留めが壊された)
☆巣材の飛び出し:ほとんど無

高さ低めですが、横穴で奥行きがあります。






★サイズ  … W160×D85×H115mm
☆価格帯 : ¥580 ~ ¥892 (楽天でアバウト調べ)
☆中でおしっこする個体:まだ無
☆天井外す個体:有
☆巣材の飛び出し:やや有


ギリギリ最低サイズかなと思いました。
寝ている時に体が出ている時があります。
底面が小さく倒れやすいので、安定が悪いです。
うちではすぐボロボロにされました。
      





★サイズ  … W170×D130×H720(mm)
☆価格帯 : ¥560 
☆中でおしっこする個体:まだ無
☆巣材の飛び出し:やや有


プラスティック製ですが、穴がたくさん開いているので蒸れは少ないです。
単純に出入りするのがかわいいっていう感じですが、
割と中も広いので巣材をたくさん持ち込めるようにしておけば、
住居としても問題ないと思います。

詳しいレビューはこちら
      



■どんな素材が良いか?
我が家では見ての通り木製のものを多用しています。
個人的には木製か陶器製がいいかなと感じてます。

陶器は割れない限り長く使えますが、あまりサイズや種類がありません。
木製のものは色々なサイズがあり、自然的なところが好きです。
ただ、齧られたり匂いが染みついたりするので消耗品です。衛生的にも買い替えが必要です。

プラスティック製のものはあまりオススメではありませんが、
使用しているものもあります。
一つ穴のハウスを使用する場合は蒸れに注意して下さい。

紙製の空き箱などを代用するのもありですが、
長期使用には向きません。1週間くらいで交換が必要です。(ヘタしたら1日。笑)

■どのサイズが良いか?
大きいほうが良いです。
小さいハウスだと入口から中身が全部見えている状態です。
一番上で紹介した陶器ハウスがまさにその状態です…。
うちも使っているので、これがダメとは言えないんですが、
できるだけ奥の暗くて静かな場所にもぐって寝たい、って思ってるはずです。
こっちは寝顔を見たいですけど、見えない位のほうがハムスターは落ち着きます。

横穴のものか、奥行きや深さがあるものが死角ができて良いです。
ハウスが広いと中で、餌の場所やウンチの場所などを決めて清潔にお部屋を使います。
狭すぎるとそれができません。

とは言っても狭いところが好きなので、大きいと言っても体の2.3倍くらいのものが
良いと思います。巣材を入れるとちょうどよくなります。

■ハウスでおしっこをする。
何匹か飼っているうちに、個体によってはハウスの中にトイレを作ってしまう者がいることがわかりました。
ハウスの底面が体の2倍以上ある場合にその可能性が高まります。
逆にハウスがどんなに大きくてもちゃんとトイレでおしっこする個体もいます。

だからって、じゃあ最初からずっと小さい家、と言わず色々試してみて欲しいです。

レビューだと「全部おしっこすんじゃん!」って結果になってますが(笑)
製品の良し悪しではなく、あくまでハムスターの個体差による可能性です。
うちのきむおはけっこう小さいハウスでもおしっこをしますが、
きむこは大きい巣箱ハウスでも1回もトイレ以外でおしっこしたことがありません。

ハウスでおしっこする子もトイレの位置や配置を改善することによって
ちゃんとトイレでおしっこするようになったりします。

木製の巣箱の場合、おしっこの匂いが一度染みついてしまうと、ずっとそこでしてしまいます。
そのリスクを避けるために底のない巣箱を使うと掃除が楽です。
ただ小動物用の小型のハウスは底なしのものがあまり売られていません。
四角いものをひっくり返して使うのも手です。



道具別に記事をUPしています。まとめて読む方はコチラから。

0427h10.jpg
にほんブログ村のランキングを見る。

ハムスターの飼育用品【床材編】

hamuyouhin15.jpg

■床材・マット
いろんな素材がある。
季節によっても選んでみると良いかも。



■紙製


値段   : 定価だと高い。ネットなどでまとめ買いがお得です。
使用量  : だいたい、60cm水槽で1回1袋使い切る。ケチれば半分。
       圧縮されていないので一袋の量が少ないです。
安全性  : バージンパルプで安全性が高い。
粉塵   : チップが大き目なので少なめ。
おしっこ : ナチュラル色なのでわかりづらい。ウッドチップと同じような感じです。

一見ウッドチップ風ですが、紙なのです。




■紙製



値段   : これもけっこう高いなって思いました。
使用量  : だいたい、60cm水槽で1回1袋使い切る。ケチれば半分。
安全性  : 紙なので安全だと思うが、色のついたチップは謎。
粉塵   : チップが大き目なので少なめ。
おしっこ : 白いのでわかりやすい。

紙をねじったようなチップで、ほぐして巣材にする個体がいて
なかなかおもしろいです。




■広葉樹チップ



値段   : 紙よりは安いです。
使用量  : 1袋で3、4回は全交換できます。(小さいケージならもっと)
       圧縮されているので、紙よりは多く使えます。
安全性  : ウッドチップの中でも広葉樹はアレルギーが少ないと言われている。
粉塵   : おがくずなんで、それなりに出ます。
おしっこ : わかりづらい。
        濡れているのはわかるけど水なのかおしっこなのかって感じです。

うちも何度か使っていますが、特に異常は見られませんでした。
個人的に粉塵が苦手だ。





■土(ニューネイチャーランド)
【ハッピーホリディ】ハムスターに快適な飼育環境を提供するニューネイチャーランド2L(1,200g) 2+1set【ハッピーホリディ】ニューネイチャーランド2L(1,200g) 2+1set

  値段   : やや初期投資が高めです。(買い足しが少ないという意味で経済的)
  使用量  : 60cm水槽に使うには10Lくらい必要です。(汗)
  安全性  : 自然な土の状態を保つ必要があります。(カビなど)
  粉塵   : 土が乾燥してしまうとホコリっぽいです。
  おしっこ : わからない。

 

少数派です。我が家では部分的に愛用している素材です。 
バクテリアの分解効果により土の廃棄が長期間不要です。
ただし衛生的な土を保つにはそれなりの知識と管理が必要と言えます。
トイレの設置が必要なくなるので便利ですが掃除しなくていいわけではありません。
回し車や食器なども土だらけになるのと一定の湿度を保つことが難しいことが難点です。



■新聞紙
0117h1.jpg
  値段   : 限りなくタダに近い。
  使用量  : 1回2,3枚。
  安全性  : 新聞紙のインクは大豆由来のものらしい。
  粉塵   : 時間が経つとほこりっぽくなるのでマメに交換しよう。
  おしっこ : なんとなくわかる。


一番お手軽な素材です。
あれば新聞でいいですよ、って私は思ってます。
躊躇せずに毎日交換できていいですよね。その点衛生的です。


■キッチンペーパー
0116h1.jpg
  値段   : 2ロール100円位。
  使用量  : 1回4~6枚。
  安全性  : 白でプリント無しのならOKです。
  粉塵   : ほとんどない。
  おしっこ : すぐわかる。


新聞を取らない我が家の代品。(笑)
新聞のようにハリがないのですぐめくれてしまうのが難点です。
写真はコピー用紙と併用しています。



道具別に記事をUPしています。まとめて読む方はコチラから。

0427h10.jpg
にほんブログ村のランキングを見る。

ハムスターの飼育用品【トイレ編】

hamuyouhin8.jpg

■トイレ
陶器製のものなどいろいろありますが、うちはプラスティック製のスタンダードなものを使っています。




一番使ってます。 
ペットショップにもよく売っている。
ゴールデンハムスター用の大きめサイズです。
活発な個体だと天井を外したりすることもあり。
砂浴びする個体も多く、飛びちりは多少あります。






 やや小さめだが、そのわりに砂の飛び散りは少ない。
 砂の使用量は上のより少なくて済む。
 活発な個体だと天井を外したりすることもあり。





■トイレ砂
小動物用のトイレ砂はすごくたくさん種類があります。

選ぶ基準として、

 ・固まらない
 ・色が変わらない(着色していない)
 ・消臭剤・芳香剤などが入っていない
 ・食べても安全
 ・吸湿性が良い
 ・掃除がしやすい(飛び散りにくい)
 ・ハムスターがトイレとして気に入る

などがあげられます。


量が多く、安いので猫砂をトイレ砂に使う方法もありますが、
上の条件をクリアしたものを探すとかなり限られてしまいます。



■固まらないトイレ砂

固まらない砂が良いと聞いて使い始めたのがこれです。
固まらなくてもおしっこをするとある程度まとまるので、
スコップですくえます。

見た目はイケてないですが、なかなか優秀です。(笑)



■固まるトイレ砂(使用には注意して下さい。)

 固まるタイプは、排泄器官や体内に入って固まって詰まってしまったりっていう
 可能性があるそうで、使わないほうが良いと言われているのですが…
 うちも使っていたことがあります。
 ペットショップなどでも売っているのは固まるタイプが主流です。
 長年固まるタイプのものを使用している人も少なくはないようです。
 そういう事故はうちでは起こったことがないですが、
 極力使わないようにしています。
 砂だけを進んで食べるということはしませんが、まれに野菜などの水分のある餌を
 トイレに持ち込んでくっついたものを一緒に食べてしまうことがあるようです。



■紙のトイレ砂

 紙砂にも種類は色々あります。
 吸湿性の良い紙だけの素材のものを選ぶようにします。
 アレルギーの心配もなく、一番安全な素材と言う人もいます。
 でも、固まるもの・色が変わるものを使用しては安全とは言えません。
 砂タイプよりも口に入れる可能性が高いです。 

 この紙砂は安くて試してみましたが、うちはかじるハムもいました。 



■紙のトイレ砂

 ★最近気になっているもの。
 
 使ったことがないけど、使ってみたいものです。

 紙のトイレ砂の中でも安全性が高く、利用者が多い商品のようです。
 今後使う機会があれば報告します。
 


■紙のトイレ砂

ペパーレミックスと同商品です。
チップのサイズが大きいのでトイレ砂よりかは床材に使用する人が多いです。



■土(ニューネイチャーランド)

 少数派ですが。
 
 バクテリアの分解効果により土の廃棄が長期間不要です。
 トイレ砂として使用するというよりも床材として使用し、
 トイレを設置しない、という方法が多いです。
 トイレ砂として使用する場合、 
 飛び散りによるケージの掃除が大変なので管理はやや難です。
 土の粒が細かいのと、やや湿っているので足や体に必ずくっつきます。



他にもトイレ用の素材はありますが、使ったことがあるのは以上です。

道具別に記事をUPしています。まとめて読む方はコチラから。

0427h10.jpg
にほんブログ村のランキングを見る。

ハムスターの飼育用品【ホイール編】

ホイールとは、回し車のことです。
野生のハムスターは、毎日ものすごい距離を走り回ってますが、狭いケージの中では
自由に走り回れないので、これを使って運動してもらいます。ジムみたいな感じです。(笑)

大抵のハムスターは使用しますが、使わない個体もいます。
設置場所や種類・サイズによっても変わりますので良いものを選んで下さい。



hamuyouhin6.jpg


21cmの回し車です。ゴールデンハムスターに適したサイズです。
ハムスター用に売られているもので一番大きいかと思います。

大きいので安定感もあり、音も静かです。
壁にぶつかったりしなければ、ほとんどガタガタいいません。
ワンパクな個体は、倒したりずらしたりするので床面に固定すると良いです。

スタンドの高さは変えられません。
このホイールを使うことを考えると、必然的にケージも大きいものを
選ばなくてはいけません。(高さ30cmあると良い。)



hamuyouhin5.jpg


17cmのホイールです。
ちょっとゴールデンハムスターには小さいです。
中心の黄色い部分が背中に当たっている場合は21cmのものを買ってあげて下さい。
体重の目安としては100gくらいまでです。
使えないことはないですが、騒音は避けられません。
ホイールがしなります。ガタガタするのは重量オーバーということです。(笑)

安定感も21cmのものより劣ります。
キスゴムで固定しないと、すぐに倒されます。
しかも付属のキスゴムはすぐにダメになるので、替えが必要です。
100均のキスゴムで代用できます。
それでも年に4個くらいは付け替えてます。



道具別に記事をUPしています。まとめて読む方はコチラから。

ranktopkimu.jpg
にほんブログ村ランキングを見る。

ハムスターの飼育用品【給水ボトル編】

hamuyouhin14.jpg

金網ケージだと、種類が豊富なのですが、水槽型のケージだと限られてしまいます。
うちは主にこれだけ。


■給水器




吸盤型で、水槽内にくっつけられるタイプです。
これしか見かけたことがないのでこれを使っています。

吸盤かじり防止のカバーがついていますが、たまに吸盤が外れて齧られます。
専用の吸盤の替えが売っていますが、高いです。(1個60円くらい)
うちは100均で購入したものを使用しています。(4個か6個で100円)
100均のもののほうが大きくて長持ちします。

ちゃんと付ければすぐには落ちません。
最初の吸着が肝心です。
吸盤に1滴水を垂らしてから吸着させると強いです。

漏れや接着などの詳しいレビューはこちら




道具別に記事をUPしています。まとめて読む方はコチラから。

0422h13.jpg
にほんブログ村のランキングを見る。

ハムスターの飼育用品【食器編】

hamuyouhin12.jpg


■餌皿

hamuyouhin11.jpg
 我が家のハムスター用の食器。
 ブルーとピンクのお皿は、100円ショップで購入しました。

 ハムスター用のを購入したのは、最初の2匹だけです。(笑)





ハムスター用の食器の中でも、コーナータイプは気に入っています。

←安いのが見つからなかった…






丸型のは、若干便器型(笑)なのが、
飛び散りを防いでいるようないないような…





選び方ですが、専用のものを買わなくても安い小鉢なんかで十分です。
軽いものだとすぐ倒してしまうので、安定感のある陶器製がおすすめです。
サイズ的には上記で紹介した位のものが良いです。

最初に一日の餌の量(g)を量って入れてみると良いです。
感覚的にだいたいの量がわかるようになります。

乾物(ペレット)と濡物(野菜・果物)用に2個あると便利です。



道具別に記事をUPしています。まとめて読む方はコチラから。

0427h10.jpg
にほんブログ村のランキングを見る。

おすすめ

かんりにん

ひよこ(・e・)

ひよこ

ひよこといきものと、時々おとん。
初めて飼った生き物はアリです。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
さいきんのつぶやき


黒猫に白髪が生えてきた。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

すきな生き物をえらぶ
ぜんぶ見る。(HOME)
表示中の記事
  • ゴールデンハムスターの飼育用品まとめ
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2011年05月03日 (火)
ハムスターの餌・まとめ
by AlphaWolfy
さいきんの記事
コメントについて
現在、コメントの掲載・返信は行っておりません。
月別アーカイブ
最近チェックしたもの
さんかちゅう
ランキングです。
ポチと応援よろしくお願いします。
ranktopkimu.jpg
検索フォーム
おすすめ
最近気になるもの
最近気になるものを覚書として載せておきます。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ナチュラルアスペン
高床式ってところが…
気になる。


ナチュラルログハウス



ウッディミニシャトー
一度は使ってみたい。
ハムスターの道具
我が家で使っている飼育用品。

実際に私が使用したことがあるものだけを紹介します。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


ゴールデンハムスターにはコレ。
どでかい。


ネズミちゃん、チビ用。
ゴルハムが回すとガタガタ
騒音は避けられません。


元祖木村ハウス。(笑)


キューブ型はひっくりかえして
底無しでも使えるので便利。


底板のないタイプ。
掃除がしやすく、衛生的で
長持ちします。


高さのないケージ向き。
平べったいので倒れにくい。


コーナーハウス
高さありますが
大きめゴルハムは届きます。


プラ製ウッドハウス
面白半分で買いましたが
面白いです。



ハムスターセレクション
主食にしているペレット
そんなに好きではない。


ハムスターフードCR-LPF
主食にしているペレット
小粒で食いつき良し


ニッパイハムスター

粒が特大ですが地味に食べる。


種子ミックス。
主食にはせずおやつ程度に。
メインにちょっとだけ混ぜてます。


小さいのでハムスター向き。


コーナーに置けるタイプだと
場所を取らなくて好き。


床材に。ペーパーレミックス
白いので汚れがすぐわかる。


ごきげん快適マット。
バージンパルプで安心。
色もナチュラル。


ケアペーパー
巣材に使ってます。
ほぐすとフカフカになる。


広葉樹のウッドチップ。


土飼育を始めるならこれ。
うまく使いこなせば
消臭効果&掃除が楽。


うちはこのサイズで
買ってますが…(汗)

吸盤タイプの給水器。
水槽飼育におすすめ。


ハムスターのトイレ。
大抵はこれでしつけ可能。


高さがあるので脱走しにくい。
ガラス水槽は重たいけど
見やすいです。


60×30の水槽に使える
網の蓋です。


プラケース最大級。うちも
6個使って、最初はこりゃいい!
と思って紹介したのですが…。
(ハムスターターセットにまでなってしまった。)
ゴルハムは簡単に齧って破壊
しますのでオススメはできない
です。
(小型ハムスター種は未知数)
でもこの値段と軽さは魅力的…。


冬の保温に。

よく使うショップリンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。